汗は体調管理するうえでもとても大切です。
生活に支障をきたすほど汗が出る、逆に出てもいいはずなのに汗が全く出ない、汗の量や匂いに異常を感じる……、そんな場合には早めの病院が必要になることがあります。

例えば、自律神経に異常がある場合、汗が出なくなることがあります。
暑い場所、運動をした後、通常であれば汗をかいてもいいはずの状況で汗が出なければ、それは何かの病気のサインかもしれません。自律神経に末梢障害がある場合、半身だけに汗が出ないというようなことがあるそうです。
また、甲状腺機能の異常によって寒気やむくみ、脈が遅いなど他の症状を伴って、汗が出なくなることがあります。
この場合、逆に多汗の症状が出ることもあります。

多汗とは、何もしない状態でも生活に支障がでるほどの汗が出ることです。何度も着替えなければならないほど汗で衣服が濡れてしまったり、紙に触れると汗のシミが出来てしまったりするほど汗をかいてしまう状態をいいます。
代表的な多汗症は、本来の発汗作用によるものではなく、交感神経の失調と関係があり治療法も確立されています。

この他にも、茶色っぽくて臭いのする汗が出る「色汗症」という病気や、皮膚癌などの皮膚病が原因で汗が臭うこともあります。
このように汗に変調があった場合、何かしら体に異変がある兆候である可能性があります。
普段から気にしていると、思いがけない病気を早期発見できるかもしれません。

汗をかくときに一緒に脂肪も流し出してくれたら便利なんですけどね(笑)
キャビテーションとかラジオ波での痩身エステでは、そーゆーの導入しているお店があるみたいですけどw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>